So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイビング:伊豆 ブログトップ

ダイビングとパニックについて [ダイビング:伊豆]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071007-00000901-san-soci

痛ましい話だ。
ダイビング中の死亡事故というのは、実は海難事故の中では極めてレアなケースと聞く。
スノーケリングやシンプルな海水浴の方が実際には危険度が高いと断言しても良いと。

しかしながら、今回の事件のようにダイビング中に死亡者が出るのはなぜか?について。若輩ながら一家言あるのでゼヒ読んでください。

●「パニック」が無意味であることをつくづく理解すべきだ●

●実体験:
多くのダイバーが、ダイビング中に「パニック」に近い状態を経験していると思います。
ボクの場合は10本目~20本目くらいの頃、2度ほどパニクりました。

一つ目は、パラオでガイドさんの泳ぎの速さについていけなくて息が切れてしまい、呼吸に不安を覚えたとき。水深20mくらいで息が切れる、というのは結構な恐怖です。
この時、むやみに行動すると息が切れるばかりだし、急に浮上は内臓的に危ないかもと判断し、岩にかじりついてひたすら呼吸を整えました。ふと振り返ると、ワイフは中層でパニックを起こし過呼吸状態になり、浮上してしまっていました・・・。
潜り始めて数分後だったことと、浮上のペースがまあそんなに急でもなかったことで全く事なきを得ましたが、ワイフの場合はある意味GAMEOVERです。皆さんご注意を。

もう一回は、水深5mちょいくらいのところでだんだんレギュが渋くなってきた時。これはおなじみかもしれませんが(?)バルブの開けミスです。少ししか開いてなかった。
この時は回りにベテランのおじさんたちがいて、「(空気こないんだけど)」というサインを出したらすぐにバルブをチェックして開けてくれました。

●「空気が来てれば怖くない」

二つのパニックの理由は、ともに「呼吸ができなくなる」という恐怖でした。これは確実にパニックに通じるでしょう。死ぬ可能性が否定できないからです。

ただし双方ともカンタンに防止できます。
エントリー前にバルブが開いているかチェックして、後は海中で息が切れるほど泳がなければいいのです。超カンタン。

で・・・実はこの経験を経て、自分としては確信したことがありました。語弊を承知で書きます。ダイビング中にまず最優先するのは基本的には一つ。
それは、呼吸を確保すること。
それが出来ていればまずいきなり死ぬことはない。

つまり!

空気さえ来ていれば、パニックする理由は何ひとつないのです
※というか「パニック」するべき理由なんてもともと一つもないんですが、まあ焦る必要がないと同義だと思ってください。

このことを、文字通りデッドラインと考えれば、パニックはグッと減ります。

エントリーした際に水飲んだ、とかならば水面でゲホゲホやってから潜ればいいですし、潜ってから多少むせるくらいならレギュ咥えたままむせればよいです。レギュくわえたままゲロ吐いても基本的には大丈夫です。
上手く潜行できたのに、水中でいきなり息ができなくなるというケースはほぼ無いので、だからこそスキューバは安全なんです
考えてもみてください。スノーケルだと、息を吐ききった状態で波が来てスノーケルが沈んだら、そこで完全に窒息状態が始まりますよね。だいぶパニクります。でも、そういうことはレギュレーターくわえていればありえないのです。

国内外でビギナーの人を見ていると、「マスククリアができない」とか、「胸焼け感がある」とか「何かが不快適である」「なんだか怖い」と言った理由でパニックするケースがある。

こういった場合、とにかく考えて欲しいのは、「それで死ぬか?」ということです。上で挙げたものは、すべてデッドラインには程遠い、どうってことない話です。

パニックを起こせば死ぬかもしれません。が、「死にもしないこと」が原因でパニックを起こして死んでしまったら、それは本当に無駄ですよね?

だから、死なない理由でパニックを起こすな!というのが最も伝えたいことです。

マスククリアができないということで死ぬことはありません。何も見えないだけです。最悪、ゆっくり浮上すればよいのです。
やや浮き気味、やや沈み気味、ウェイトベルトがどこかに当たって不愉快、フィンがキツイ、持ってきたものが見つからない、何かが引っかかったなどでパニックしても、本当にしょうがありません。
また、不気味な魚がいたとか、ウツボににらまれたとか、ガイドが一瞬見当たらないとか、それでも死ぬことはありません。その場で落ち着いて考えればまずカンタンに解決策が浮かびます。
もしイタチザメが現れたとして、パニックしたら助かるでしょうか?いいえ、ジタバタしてたら「エサだ!」とばかりにかぶりつかれるのがオチでしょう(笑)。冷静に仁王立ちし、通り過ぎるのを待つか、タンクを外して食らわせる準備をするかどっちかでしょうよ。


●ここでガイドの皆さんへご提言

ビギナーには「デッドライン」がよく分からないんです。だからパニックする
ガイドの皆さんにお願いしたいのは、「マスククリア」と、「窒息」「急浮上」を同レベルと感じさせないで欲しいということです。

出典を見失ってしまったのですが、ビギナー×パニックというのはスキューバ中の死亡事故では最も比率が高いはずです。
ビギナーの内は、とにかく覚えることが多くて、

  • 超大事なこと→呼吸を止めないこと、バルブの開け閉め、急浮上しないなど
  • 大事なこと→行方不明にならないこと、孤立して少し経ったら浮上してBCDに空気入れろ、などなど
  • その他

の違いがよく分からないんです。で、上記よりも一番大切なのは「パニックして暴れないこと」だと区別がついていない。

だから、耳抜きができないとか、あろうことかマスククリアができないことが原因でパニックする人が出てくる。プライオリティが分からないから。



パニック
というのは、何かが「原因」で正常な判断ができなくなり、暴れてしまったり急浮上してしまったりすることで、パニック自体が直接的な事故の原因となります。おおもとの「原因」は非常に些細なことであっても、当人がパニックを起こしてしまうから亡くなる可能性がある。とくに、大のオトナの男が暴れてしまうと、ガイドも助けられない。

だから、まずエントリー前に とにかくパニックを起こさないこと を自分自身に言い聞かせる。冷静さが最大の命綱。

それさえ肝に銘じれば、スキューバの事故の確率はずっと減るはずです。

まだ100本の若輩者が何を言うかと思われるかもしれませんが、まだビギナーの気持ちを覚えている者として、一面の真理をついているはずです。


初島で潜ってみた [ダイビング:伊豆]

 

★なんと幸運なことに、先月からマンションの隣にダイビングショップオープンしたので、ドアツードアで伊豆に潜りに行けるのだ。日頃の行いが良いからか?本当にラッキーだ。

というわけで、昨年のグアムから潜ってなかったし・・・、
7月8日、ブランクのリカバリーがてら「初島」に行って来た。

さて「初島」。熱海から高速船ですぐに行ける離島。

上陸すると、魚料理店がずらりと並び、楽しげな雰囲気。

でもギョッとするのがこの
「伊勢えびの干物」

なんだかとってももったいないような気がする・・・。
刺身か、炭火で焼いて食べたい・・・。


ダイビングサービスも開放的で(雨が降ってなければ)相当いい感じ。
というわけで写真をチラホラ。


ウツボくんのお間抜けカット。透明度はご覧のとおりで5,6m。


サラサエビ?エビには詳しくない・・・穴の中にしてはキレイに撮れた。


全然キレイに撮れなかったネコザメ。透明度の悪さに加えて、同チームのみなさんが結構砂をネ・・・まきあげてんでネ・・・砂だらけです。


たまにはウミウシ。

で、次はちょっと面白い。ヨウジウオとか**ヤガラって好きなんだよね。


アオヤガラ。よく見てもよく分からないけど真ん中の「切れ目」みたいなのがソレ。
ちょっと引いた写真なんだけど、ヘンさが判るかと。


スズメダイの仲間かしら。キレイだったので撮ってみた。

今回のベストショットはこちら。


これまた常連、ミノカサゴですが、僕はこの魚が大好きです。
近寄ってくるし(毒持ってますが・・・)、小林幸子なみに華やか。食っても旨いしね。

というわけで、日帰り、ドアトゥードアでここまで行けます。

ちょっとしたレストランに行くくらいの値段で行けちゃうからね・・・これはイイ。
また行こうっと。


明るい海にあふれかえる命 [ダイビング:伊豆]

というわけで、今のシーズンも若い魚がたくさん群れを為している、伊豆の海。

イソギンチャクがいたので、もしやと思って観察してみると・・・

いたいた!

こちら、いいショットが撮れました!!
ブログだと小さくて残念なのですが、大きく壁紙にしたいくらいのショット。

というわけで壁紙にしてみました。

●クマノミ (XGA 1024*768)
http://loudminority.net/izu/kbgm01.jpg

●ソラスズメダイの早朝登山 (XGA 1024*768)
http://loudminority.net/izu/kbgm02.jpg

気に入ったら使ってやってください。

さて、謎かけしたままの「ニシキフウライウオ」の写真
実は2日目に、より鮮明なのを撮影しました。

ニシキフウライウオのつがい。

さあ、これでどれがニシキフウライウオなのかが分かりましたよね?
ヘンな魚ですね・・・・
伊豆には擬態する生き物が沢山いますが、これもその一つですね。

それでは最後に。
私がダイビングをしていて、とても気に入っている風景の一つ。

「魚が空を飛ぶ」

さて次回のダイビングは、

11月アタマに、なんと沖縄の慶良間諸島、「阿嘉島」に行ってまいります!!
幾人かのベテランダイバーが「世界一なのでは」とリピートし続けてしまう、魅惑の海。

超楽しみです。


夜の海、ふたたび [ダイビング:伊豆]

夜の海からこんにちは。
まずは、とりあえず目があってしまったヤドカリです。
いい顔してます。こうして見ると、昔の特撮に出てくる怪獣のようです。

夜の海に潜るのは3回目。前回、「夜だからカメラは置いていくか」とカメラを所持しなかったことをひどく後悔したので、今回はトーチとカメラをじゃらじゃらとぶら下げてエントリー。

暗くて不気味なのに、夜の海になんで潜るのか?とよく訊かれる。

海は朝・昼・夜で全く違う顔を見せる。中でも夜は、エビ・カニ・タコ・ヤドカリなんかがうぞうぞと出てきたり、擬態してじっとしているヤツが急に表に出てきたり・・・と生物がゼンゼン違う。
そして、それにも増して、闇の中を浮遊しながらゆらゆら懐中電灯が揺れるという、その神秘感が魅力的なのだと思う。

偶然、別のダイバーが照らし出したサンゴ。
まるでミュージカル舞台のクライマックスのようだ。

今回の”偶然”ベストショットがこちら、夜のクラゲ。

ライトを下斜めから当てた状態でflash無しで撮影したらこうなった。
形はピーマンみたいだけれども、縦の筋のところは七色に発光して、新橋のイルミネーションのようだ(笑)

他にもさまざまなキモイ(笑)やつらと出会った。そいつらはあまりフォトジェニックでないのでパスするとして、ちょっと怖いのがコレ。
さしずめ、伊豆クロコダイル

じっと待ち構えているハンター

生き物が豊富な伊豆ならでは、出会いの多いナイトダイビングだった。


ふたたび大瀬崎、そしてニシキフウライウオ。 [ダイビング:伊豆]

幸屋恒平(つねっち改)です。秋の激務がようやくひと段落。
リフレッシュのためにはダイビングですね。

10月14日(土)。
7月下旬にアドバンスライセンスを取りに来てから、二度目の大瀬崎。
水温は7月よりも温かいが、外は涼しい。
秋ですからね。

さて、今回はサクラコがアドバンス講習を受けている間、僕はカメラ片手に勝手にマクロウォッチングにいそしんだ。

おりしも伊豆ダイバーの間では、
「大瀬崎に『ニシキフウライウオ』が来てるらしいよ」
という話題がチラホラ。
ニシキフウライウオというのはかなりレアな、人気のサカナだということで、果たしてどんなやつだろうと期待する。

大瀬崎の中でも外洋側、「柵下」というポイントにエントリー。
今回もグッドコンディション。10mくらいは抜けている。魚影も濃い。今の時期は稚魚の群れがたくさんいて、たまに大きいのも来るそうだ。

アオリイカの群れが宇宙船のようにゆらめく。

↓、今回お気に入りの一枚。水中写真の基本にのっとって、下からのアングルを頑張ってみた。

まるでクラスでハイキングか登山にでもでかけているような、のどかな雰囲気。

しかし、実はアップにするとちょっと顔が怖い

さて、エントリーポイントから少し岬側に泳いだところに水中カメラを構えたダイバーが2,3人でじっとしている。
なんだろう?と思い近づいてみると、ガイド(サクラコのインストラクター)がスレートに
「ニシキフウライウオ?」

ふむ、人気者とはどんなヤツかと近づいてみると・・・

??

どこにいるのかしら。

適当にシャッターを切ったものの、なんか珊瑚に海草みたいなのがへばりついているけど・・・サカナらしきものは見当たらないなあ・・・

さて、この謎は翌日に持ち越されます。


パイレーツ・オブ・オーセザキ [ダイビング:伊豆]

大瀬崎の二日目。5本の内、残り2本。

ふつうなら、「ボートダイビング」「ドリフトダイビング」などがスタンダードらしいけれども、僕はそれらはもうパラオやGBRで楽しんでいるため、「ドライスーツ」「水中写真」を選択。

一本目、早朝7時。

大瀬崎は本当に魚影が濃い。浜辺からエントリーして、水深20m弱の砂地に漁礁が幾つかおいてある。ここにはとても沢山の魚たちが棲みついていて、マヌケな顔でこっちを見つめてくる。

ドライスーツってのは、伊豆のようにウェットスーツで潜るにはちょっと寒い海で必須の保護スーツ。Tシャツにスエットパンツみたいな服装で着用する。
それ自体が空気を含んで浮くので、コントロール次第では水中で色々なポーズをとることができる。慣れてくるとウェットよりも面白いかもしれない。

さて2本目。今度は水中写真。朝と同じく、大瀬崎の「湾内」。

魚を狙って漁礁をめぐるうちに、一つ面白いことに気づいた。

殆どの漁礁には、真ん中に大きなウツボがいて、それを他のタイ類が取り巻くようにしている。
つまり、ウツボがボスで、漁礁はお城のようになっているのだ。

中でも下の漁礁には、悠々とウツボが見張りをしていた。

近づきすぎたので、後ろを向いて行ってしまった。

他にもカサゴやタコなど面白いやつらに遭遇したのだが、なんとカメラの電池が思ったよりも減っていて、途中でバッテリーアウト。


そんな感じでアドバンスを取得しました。

次のダイビングはどこにしようかな~


海、それはマヌケヅラの宝庫 [ダイビング:伊豆]

西伊豆の海からこんにちは。

さて、アドバンス(アドバンスド・ オープンウォーター ダイバー)のライセンスが欲しかったので、代々木上原のダイビングショップにお願いして、伊豆は大瀬崎に行ってきました。

アドバンスってのは、ディープ(18メートル以上深い海)、ナビゲーション(水中で方向や距離を図りながらナビる)の二つを必修科目として、後はドリフトダイビング(流されるダイブ)、ナイトダイビング(夜の海)、浮力コントロール、ドライスーツ、水中写真、水中ビデオ・・・などから3科目、合計5つの特殊ダイビングを研修し、ダイビングの楽しみを広げるというもの。

なんでこの資格が欲しいかというと、たとえば海外に行ったときに、オープンウォーターという最も基礎的なライセンスだけだと、
「次のポイントは、水深30メートルくらいにある海中洞窟が見ものなんだよね~」
となった時に、連れて行ってもらえなかったりする。
流れが速いポイントにはそもそも連れて行ってもらえなかったり、ツアーによっては参加できなかったりする。
ま、人の命を預かるダイビングショップとしては当然の規制だと思う。水深35mとかでパニクられたら、インストラクターだって怖いっての。

そんなわけで伊豆でスパルタ訓練を受けてきました。
なんとつねっち、体験ダイビングから30本というもの、海外のリゾートばかりで潜っていて、正当な関東ダイバーの聖地・伊豆には潜ったことがなかったのです。

伊豆デビュー。

しかし、伊豆といえば、透明度は低く、水は冷たく、魚はトロピカルフィッシュではなくてどちらかというと食用、一年通じてウツボがたくさんいて、あとはウミウシさんまい?

・・・みたいな印象でした。
今回は、「アドバンスをとる」ことが目的だし、伊豆の海でスパルタ訓練を受けようと決意してのことでした。
ところが・・・

到着早々、ディープダイビング。
ポイントは、大瀬崎の「柵下」。駿河湾に面したちょっと外洋っぽいポイント。

エントリーして見渡すと、驚くべき魚影の濃さ!ちょっと、聞いた話と違うじゃんよ。

(イメージ。実際は違うポイントです)

実に沢山の魚、そして10m潜るごとに変わっていく地形。うーん大瀬崎、素晴らしいじゃないですか!
40mピッタリまで潜って研修課題を行い、余裕のゆっくり浮上。

水深40m付近で課題を解くつねっち。

その後、2本目はナビゲーション。これは寒くて40分弱でリタイヤ。
ナチュラルナビゲーション、つまりコンパスを使わずに、海中の目印を使ってナビる方法は中途半端で終わってしまう。

日が暮れるのを待って、3本目はナイトダイビングin浮島(ふと)。
ナイトはGBRでも潜っているので二回目だったけど、「水中でプランクトンが光る」という経験をして驚く。ライトを消して、水中で手を動かすだけで、プランクトンが反応して緑色に光るのだ。
これぞ。幻想的。


ナイトで出会ったウミスズメ。

そんな感じで一日目を終了。


ダイビング:伊豆 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。