So-net無料ブログ作成
検索選択

スケキヨありがとう [ストックヤード]

猫バカとバカ猫
http://blog.livedoor.jp/nyotaro/

数ある猫ブログの中でもぶっちぎりの面白さ、可愛さだった
「猫バカとバカ猫」のスケキヨが突然亡くなったそうだ。

あまりの喪失感に胸が押しつぶされそうだ。

うちの「こむぎ」と同じスコティッシュフォールド。ブログの初期から拝見していました。ドラえもんのような愛くるしい姿、作者・にょーたろーさんのウィットに富んだ文章、あまりの面白さに劇的なブレイク書籍ももちろん二冊買いました。
どれをとっても最高中の最高でした。
本当の意味で、「猫バカとバカ猫」以上の猫ブログはありません。


愛が深いほど悲しみは大きい。

にょーたろーさんの心中は察するべくもないが、スケちゃんはまちがいなく日本でもっとも死を悼まれた猫になったと思う。

ワイフはスケちゃんを悼んで一日中泣いておりました。


また、この痛ましいできごとによって、猫と飼い主のありかたや、猫ブログというものの意味など、いろいろなことを考えました。
にょーたろーさんとスケちゃんは、本当に互いに向き合った、言葉には言い表せない「濃い」生活を送っていたはずです。
それは何にも代えがたい、価値あることです。

スケちゃんのご冥福と、にょーたろーさんのご健康を心からお祈りします。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

NO NAME

我が家にもスコティッシュが二匹います。
同じスコ飼いのブログをあちこち見て回る中、スケキヨくんは一番大好きな猫でした。
突然の訃報が信じられませんでした。

スコに限った事ではありませんが、健康そのものに見えてもスケキヨくんのように突然逝ってしまう事もある。
もしかしたらうちの猫も・・・?と考えると怖いです。

奥様のブログでスコの繁殖についてちょっと騒ぎになっていましたね。
↓でも書かれていますが、気になった点がありましたので、コメント書かせていただきます。

きびたろうくんはこむぎちゃんの「旦那候補」なんですね。
望まれて生まれてくる子猫、その子猫を受け入れる環境があるのであれば、繁殖はいけない事ではないと思います。
かわいいうちの猫の子供の顔を見たいというのは理解できます。
うちのスコもオスメスなので、この子たちの子供を見たいと思った事は何度もあります。
うちのメススコはブリーダー出身ですが、オススコはペットショップ出身です。
親兄弟の遺伝その他危険因子はわかりません。
スコの繁殖の難しさは知っていましたので、二匹にすべての愛情を注げばいいと思い、去勢避妊しました。

つねっちさんは生まれてくる子猫の事ばかりを気にしていますが、生む母猫の事は考えていますか?
妊娠出産は母体にもかなりの負担がかかります。
こむぎちゃんは原因不明の鼻血持ちですよね?
そんなこむぎちゃんへ出産させることを考えているのですよね?
こむぎちゃんの体になにかあったら?という事は考えないのでしょうか?

猫なんて勝手に生むでしょ?とお考えですか?
私が見ていたブログで、妊娠中に亡くなったスコがいました。
生まれてくる子猫の事は考えても、母猫のことについて何も触れていないのを見ると、「繁殖マシーン」と言われても仕方ないのでは?と思います。
by NO NAME (2009-01-28 15:33) 

つねっち

>NONAMEさん

コメントありがとうございます。レスが長いので次の記事にします。
by つねっち (2009-01-30 02:20) 

つねっち

・・・と思ったのですが、ちょっと深夜まで仕事していて疲れているのでまた週末にでも返答します。
by つねっち (2009-01-30 02:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。