So-net無料ブログ作成
検索選択

K-1 World MAX ~最高の8人~ [格闘技]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071004-00000000-spnavi-fight

涙と鼻水が出て困ります。 K-1 MAX 2007 。

どいつもこいつも本当に強くて、美しい。

魔裟斗!泣いた! 泣いた!泣いた!泣いた!
ブアカーオ!強かった!爽やかに負けた!けどもうリベンジ考えてるんだろな(笑)

キシェンコ!予想してたけど強い! 未来のチャンピオンだ!
ザンビディス!小さいのにあきらめない姿!強い心が美しい!

佐藤嘉洋!意外に強い! こんなに強いとは!今日はハートが伝わったぞ!
アルバートクラウス!熱い!そしてかっこいい! 理想の父親!

アンディ・サワー!人間の価値にSTABILITY(安定感)という要素を作った。素晴らしい!
ドラゴ!ひょうきん野郎だけど強い!素晴らしいパンチ!

もう、最近の中軽量級というのは異常なクオリティの高さだ。
魔裟斗が素晴らしく強く、佐藤も主戦級で、日本のトーナメントだけでも充分に魅せる選手が揃っていて、「外す」試合がものすごく少ない。こんな密度の高いシーンが、今までどれだけあっただろうか。辰吉や鬼塚、井岡、ユーリがいた頃のボクシング界に匹敵する熱気。

K-1の最大の功労は、世界の強力選手をここまで身近にしてくれたことだ。

どれもこれもが各界の天才中の天才で、それらが別次元のリングでしのぎを削る。黎明期を経て、完全な成熟期に達したK-1はその夢を実現した。正道会館から谷川さんに至るまで、目指したところが同じだったからこその成果だ。

ボブサップや曙みたいなキワモノエンタメではなく、本当に研ぎ澄まされた真剣試合の価値。

今日のK-1 MAXはそれを顕していたよね。

結果だけ見ると、歴代チャンピオンがほぼ勝ち上がるという「順当」なんだけど、どれもが次の世代の迫力を感じさせるに充分な試合だったし、中でもキシェンコは魔裟斗のスピードでなかったらひょっとしたかもしれない程の強さだった。イ・スファンとの試合でもそうだったけど、体のバランスが素晴らしいし、若さも影響しているのか物凄い当て勘と動体視力。来るね、彼は。ミルコ・クロコップやイグナショフが出てきたときと近い印象を受けた。

あと、泣けたのはアルバートクラウス。もとより超二枚目のパパ。一時期ずいぶん弱くなってしまって、誰もがもうダメだろうと思っていた。それが、自らの精神でここまで強く!復活してくるとは。
父だからか。二枚目だからか。アイデンティティか。奥底から自然にわき上がってきた闘争心か。いずれにしても、一旦は弱まった人の心が、これほど輝きながら甦ってくるということ。
人として、男として、クラウスというファイターのことは深く心に刻み付けられた。

でも今回はやっぱり魔裟斗について語りたい。
クラウスと同じ素晴らしさを備え。恵まれた日本人でありながら、これほど見事に強くなってくる魔裟斗とは。

最後はあっけない幕切れに見えたが、今日に関しては、あれこそが死闘の結末だと喝采していいのではないだろうか。ブアカーオ戦でもだいぶ食らっていた(最強の)ローキック。キシェンコ戦をKOで勝ったとは言ってもダメージの蓄積は半端ではない。そして殆ど無傷のサワーが相手。それでも無様な試合をしなかった。

今日、魔裟斗が魅せ付けたのはその素晴らしいスピードだった。サワーのMAXスピードよりも速い、中軽量級ではある意味最強の武器、スピード。

この点において、今日の魔裟斗は世界一だったと思う。ブアカーオ、キシェンコを封じ込めて、サワーも追いつけないほどのスピード。スピードで世界一に限りなく近づけるということを示した。

あとはサワーよろしく、全ての攻撃コンビネーションに重いローキックが絡んでくるようなしつこさがあれば、再び世界は魔裟斗のものだと言ってもいいかも。

ああもう、とにかく今日もK-1 MAXは最高だった。いや、今日は歴代の中でも本当に価値ある興行だったと思う。全ての選手に心から拍手を送りたい。

●関連:全日本キック 60kg級トーナメントについて
http://blog.so-net.ne.jp/loudminority/2007-08-26


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。