So-net無料ブログ作成
検索選択

「月刊チャージャー」を褒める [ライフワーク―評論についての考察]

今日は珍しく、メディアを褒めます。

mixiでもよくバナー出してるので見た人も多いかもしれないけど、「月刊チャージャー」っていうネットマガジンがあるのね。

グラビアアイドルとかを前面に出してるし、SPA!R25系のよくあるサラリーマン向けマガジンなんだけど、実は感心する連載記事がある(R25にもあるけどね)。なかなか骨のある編集手腕。

※一応言っておきますが、私は「月刊チャージャー」とは何の関係性もありません。

それが、「言いたいことを言ってくれ!  業界別覆面座談会」

演出は非常に・・・20代~30代前半くらいをモロにTGTにしたB級テイストなんだけど、それはどうでもいい。
意外なのは記事の全てが非常に骨太で、メディアにありがちな無駄な体制批判や無意味な嘆きよりも、業界での信念とか実情をきちんと見ようとしているように見えること。

例えば「第七回 消防士」
http://promotion.yahoo.co.jp/charger/200706/contents01/theme01.php

プロというものに対するリアリティのある話がチラホラ。映画「9.11」で命を散らした消防士たちへの共感のくだりなんかは、感動的ですらある。
命をかけた仕事に対して自信があって、日頃から体を鍛えている彼らのプライドと日常のバランス。

もっとビックリしたのが「第六回 ナメまくり就活事情」
http://promotion.yahoo.co.jp/charger/backnumber/200705/contents01/theme01.php

「一流大学女子学生3人が集まって、就活や企業について言いたい放題。」と書いてあるので、SPA!みたいな「世も末」系の記事かと思いきや
逆に「うわあ賢い娘達だな~」と感心する羽目になる(笑

「同じ部署の中でのオフィスラブとかはあり得ないな。仕事が進めづらくてしょーがないでしょ」
「不倫なんてしてたら、若い時間がもったいないもんね。私は、付き合う男性は住民票と納税証明見て決めることにしよ」


あたりは浅はかなギャルたちに是非教えてあげてほしいし(笑)、極めつけは

「私も(内定は)3社だな。でもね、就活って世の中の企業を見るいいチャンスだから、活動はまだしばらく続けようと思ってるの。流通とか食品メーカーとか、絶対に入る気はないから、企業の様子を知るには就活が最大のチャンスだもんね。」
この前向きさ!!人生のポイントをわかって、しっかり取材している。
自分の利益をしっかり守るために、誰にも迷惑かけずにしっかり賢く生きていこうという逞しさがあるじゃない。
偉いなあ。

「第4回 ゼネコンの人間が語るマンションの真実」
http://promotion.yahoo.co.jp/charger/backnumber/200703/contents01/theme01.php

これもなかなか骨がある。いよいよ「ゼネコンなんてひどいもんよ」「欠陥住宅だらけっすよ」みたいな記事かと思いきや、
「住むならウチの会社が建てたマンションがいい」
といいだす社員
。これって素晴らしいことだよね。内部に対して信頼感がある。
やらせ(?)だったダンボール肉まんのときに
「自分では食べない」
という話がショッキングだったのと逆で、モラルがしっかりしてる。これが日本企業の美学だよなあとうっとりしてしまう。


「第8回 サラリーマン空手家が語る、熱い生き様」
http://promotion.yahoo.co.jp/charger/200707/contents01/theme01.php

これなんかはもう現代の若者・・・いや、40歳くらいまでの核家族の都会人は皆読んだ方がいいってくらい(笑
題材が題材なので、かなりストロングスタイルだけど、体験的真実に根ざした、名言の続出。
奮い立たせるものがある。

俺らの道場に通ってくる子らには、後悔させんようにせんとな。道場やってて大事なんは、子どもや親との信頼関係やし。」
「空手やっとったら、同じ稽古しても強いヤツと弱いヤツがおることは身体で実感する。気の抜けた平等なんて世の中にはないっちゅうことをわからなあかん。」
「親から「子どもが泣いて道場行きたない言うてるんです」って連絡があっても、俺はどないしてでも道場まで連れてきてくれって言う。道場来たらなんとかするから」
「働きながら空手やって、金持ちでも何でもないけど、死ぬ時後悔せんですむ人生送ってる自信はあるし。」

すごい!立派!

で・・・これらの記事に共通しているのは、まずポジティブさ。人生を前向きに生きる姿勢があるということ。

業界人インタビューみたいなものを作るとき、概して対象の人間は前向きor後ろ向き両極端ではないから、編集方針によってトーンが変わってくる。聞き手によっても変わるし。
これらの記事はとてもポジティブな部分をうまくエンハンスしていて、しかもセリフ回しが上手なので印象に残る。
ライターor編集は相当な腕利きだと思うよ。

さらに、ゼネコンや消防士なんかがそうだけど、仕事人としての高い意識が垣間見える
これは、編集者自信が仕事に高いプロ意識を持っていることの顕れだと推測する。
(浅い人生観のライターは他人を取材しても浅い部分までしか掘り下げられないものだけど、意識の高い人は、他人の意識の高さに敏感だからね。)

ここに出てきている人達が実際に立派なのは疑うべくもないというか疑う必要がないけど、
ネガティブなことの方が受け入れられやすいネットメディアにおいて、そういう強くて前向きな意識をエンハンス(抽出するというか表に出す)した編集サイドも立派だと賞賛したい。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

メディカルテクニカ

最善のフィットネスーエアロビクスーリハビリ方法とその証明

12誘導無線式ワイヤレス心電計へご興味をお持ちの方へ

下記文献を掲載しましたのでご案内申し上げます。
Aerobic Exercise is Best Fitness Program for Patients with Stable Heart
Failureエアロビック運動が、慢性心不全疾患患者にとって、
2007年平成19年6月11日付け米国循環器学会で発表。

散歩と自転車ツーリングは、心臓の大きさと駆出能力を改善する。

繰り返す運動リハビリで、太ももや殿部をすっきりさせ、たるんだ心臓を再成形する

と言われている。最新の研究によれば、エアロビック運動が、以下のような作用を

育成すると報告している。

つまり、慢性心不全患者の拡張性心が、全身に血液を駆出するすっきりした、

より効率の高い臓器に変身させられたと述べている。

2007年6月19日付けに出版された、米国循環器学会誌の記事は、結論付けて

発表した。心不全患者の812人でデータを収集し、分析している。

ここで、エアロビクスに焦点を当てていることと、かつ、ウエイトリフティングを

加えた点が最も評価される。この研究によれば、心不全疾患の患者が週に何回か

エアロビクスをすれば、拡張した心臓が顕著に縮小し、血液の駆出が目だって

改善することができたと報じている。研究者が、筋肉力を向上させる為、

定期的な運動として、ウエイトリフティングを行った患者の心臓の大きさと機能

は同じように改善しなかったことを発見して驚いたことである。

カナダのアルバータ、エドモントンにあるアルバータ大学の

リハビリテーション医学の助教授 マーク J ヘイノウスキイ医師は、

このエアロビクス方法に賛同している。

米国の推定5百20万人は、心不全症状で、毎年何百万日の入院をしている。

その直接および間接の費用は、40億円を超える費用が費やされている。

殆どの場合、心不全は、慢性高血圧や心筋梗塞発作によるダメージの結果である。

繰り返しで、心臓は拡張し、変形し、血液駆動が極端に衰弱し、リモデリングの

状態に入る。その結果、患者は、典型的症状として、わずかなの動作で息苦しくなる。

何年も、医師達は、そのような心不全の患者に運動を控えるように指導してきた。

あるケースでは、患者は余分なストレスを心臓に与えないようにベットで安静に

されてさえいた。しかし、ここ数十年の間に、運動が心不全患者にとって効果的で

あるのみならず、患者をより活発に生活させることが日々明らかになってきた。

そして、更に、人体は、弱った心臓を修復する時に起きる、害あるホルモンの逆作用

が起こることが判ってきた。

ロスアンジェルスのUCLA大学の医学部教授で、外来循環器科主任の 

スタンレイ A ルビン先生によれば、この新しい研究の重要性は、運動方法を

設計する指標を示している点であると述べている。

まもなく全米で、運動トレーニング法の基準を定めた試行調査が、自発的参加患者

に対し実施される。

上記心不全患者には、術前、術後、投薬治療などの患者が含まれる。

詳細は、上記ACC誌の文献をご参照下さい。
なお、本邦にて初めて認可された、12誘導ワイヤレス、ストレス対応心電計
を用いて、より正確な、この方面でのご研究が開始されることを期待します。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/duna2/
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/remoterunning12ecgs/
by メディカルテクニカ (2007-07-26 20:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。