So-net無料ブログ作成

慶良間の海へのご招待。 [ダイビング:沖縄]

【So-Netブログの不調のため、4日間もブログが更新できなかった・・・(怒) 書いたブログが全て消えました・・・・。 小生、So-netとは職業的に近い位置にいるのですが、ソネブロはイチユーザーとして許せん。 そのうちイジメるぞこのやろう・・・】

さて、慶良間阿嘉島(あかじま)に行って参りました。

慶良間の海は、地形、魚群共に申し分の無い、世界に誇れる素晴らしい海でした。
あいにく天気に恵まれず、曇りの日が多かったのだけど、400枚も写真撮っちゃいました(恥)。
来年は6月下旬の梅雨明け狙いでリベンジします。

というわけで、4回に分けて写真をアップします。

まずは、阿嘉の海へのご招待。

【阿嘉の借景】

阿嘉の一番典型的なシーンは?といわれるととても困るのだけど、
例えばこんな感じです。

とくに思ったのがウミウチワの美しさ。
ストロボが届かないくらいの大きさは圧巻。


それでは、阿嘉で出会った連中をご紹介。

【クマノミ(アネモネ)】

驚いたのが、クマノミの種類の多さ!!
小生恥ずかしながら、フィジーでもサイパンでもパラオでもGBRでも、ニモで有名な「カクレクマノミ」を見たことが無かったのですが、慶良間にはざらにいるのね・・・・


後日、クマノミ特集します。お楽しみに。

【カメ】


後日、「カメ特集」します。

【慶良間の名物スポット:「下曽根」】
後日、「下曽根レポート」します。


すっごいポイントでしたよ・・・。


【その他、阿嘉で出会えるコ】

●まずはサロンパスでおなじみ、「スミレナガハナダイ」
背中の模様がチャーミングです。


「同僚のスミレの鼻が長い」と何度も暗謡して名前を覚えました。

●次、赤白チェックがイタリアのTAVERNを思わせるおしゃれなヤツ、
「クダゴンベ」


崖下の暗いところのウミウチワにくっついているのでストロボ必須。

●ピヨッとヒレがかわいい、おなじみ
「ハタタテハゼ」

うーん、かわいい。このコも慶良間にはたくさんいました。

中には本当に小さな子供を含め家族もいたのですが、残念ながら写真には収められませんでした。

・・・・。
なかなかいい写真がそろってる(自画自賛)・・・。

その他にも、トロピカルフィッシュからサメまで、慶良間は本当にバリエーションに富んだ生き物に満ち溢れている。

次は「カメ特集」お楽しみに。

※ソネブロが信頼できないので非常に早足だがとりあえず投稿。 また投稿に失敗して消えたらかなわんからな・・・。今俺がソネブロに持っている怒りは結構なモノ・・覚えてろよソネット・・・


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 2

sanbon

トラックバックされていたので
読ませていただきました。

慶良間の海ってこんなにきれいなんですねぇ。
カクレクマノミすごく鮮やかなオレンジでかわいらしい。
来年は沖縄にも行ってみたいです。
by sanbon (2006-11-08 07:59) 

よし

慶良間レポート楽しみに待ってました!
すごいすごいです!2年前GBRでシュノーケルしたとき海亀見ましたが、それで海への憧れが強くなったことを思い出しました!
by よし (2006-11-09 03:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。